タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

福岡でAIRBNBを運営している夫婦のハチャメチャ生活。ゲストハウスを通して、インターナショナリズム教育やライフワークバランス、貧困層の脱却などを企てています。うまくいかないことばかりで、結構めげたりしますが温かい目で見守ってね。

生きていく上で重要なことをメモ!随時アップデート

ライフハック

感謝すること

様々なことに感謝してみましょう。何気ない日常もよく目をこらせば、沢山の感謝で溢れています。

 

自分の"気"が常に良い状態であるように心がけてみましょう。悪い気が漂っている場所には何も良いことは起こりません。

 

自分の人生に向き合う時間を作ること

毎日朝起きてからと眠る前に鏡の前で死を意識してみください。

あなたの人生にも必ずいつか終わりが来ます。

自分が何をしたいのか、何をしたくないのか?自分自身に問いかけてみましょう。

 

朝、今日という残りの人生最初の1日を計画してみてください。

夜、今日という自分の人生最後の日を思い返してみてください。

 

本を読むこと

自分が今いる環境は、必ずしも自分自身が望んでいる場所では無いのかもしれません。人は環境に大きく左右されてしまいます。本を手にとって自分が求める仮想環境に入ってみましょう。その世界には沢山のアドバイザーがあなたの為になる様々な事を教えてくれます。

 

知識を増やしてみましょう。知識を蓄える事で物事の基準や見え方などを多方向から見れるようになります。頭の中に入った知識や思い出は壊れたり無くなったり、誰にも盗まれることもありません。

 

想像力を養ってみましょう。

 

旅行に行くこと

非日常な体験をして、固定概念を取り払いましょう。

 

五感を駆使して、新しい世界を開きましょう。

 

自分の成長を実感しましょう。人はピンチになったら、必ず解決できる力を持っています。なれない土地はトラブルに必ず遭遇しますが必ず乗り切れます。

 

習慣を守ること

自分を制するものは世界を制します。自分自身の規律を守り、あなたが望む世界を手に入れましょう。人生の最高責任者は上司でも家族でもありません。あなた自身なのです。

  

今できることをすぐに始めること

ほとんどの人は豊かなアイデアを想像し、実行に移しません。能力がない、お金がない、時間がない...

できない言い訳を考えてはいけません。目標を達成する計画を立てましょう。終わりからでも始めからでも途中からでも構いません。アイデアがわかずに計画が完成しなくても今すぐにできることは必ずあります。例えばあなたが1年で1000万円貯金したくて、どう考えても貯まらない場合は、今すぐに貯金箱を買ってきて100円でもいいので貯金を始めましょう。そうしていくうちに解決策が見えてくるものです。アクションを起こす事が何よりも重要です。

 

脳の仕組みを理解すること

あなたは橋から川にダイブしたことはありますか?大勢の人前で話したことはありますか?新しい職場に行くとき、おっくうに思った事はありますか?

脳はいつもおなじ環境を望んでいます。未体験の出来事をストレスに感じてしまうのです。ですから今まで遭遇したことのないシチュエーションから、あなたを遠ざけようと不安や恐怖心を出します。

そんな自分自身が作り出した未知の幻影に打ち勝ちましょう。

あなたは川に飛び込んだあと、どう思いましたか?案外たいした事なかったんではないでしょうか?未体験を体験した後には、経験前の恐怖心よりも何倍もの大きな爽快感を味わえます。

 

脳は怠けものです。嫌なことがあると熱を出したり、体調不良を起こして休もうとします。そんなときは脳に一括しましょう。

 

思考を鍛えること

本やテレビ、体験したこと、人間付き合いなどで、人は思考を作ります。

自分にあった思考を作って大いに活用しましょう。

思考は人生を形つくると言われています。

 

感情をコントロールすること

喜んだり、怒ったり、悲しんだり、笑ったり 感情をコントロールすることで人生は開けます。

 

失敗を繰り返すこと

何か行動を起こそうと思ったとき、うまくいかなかったらどうしようと考える人は多くいます。ですが、たとえうまくいかなかったとしても、アクションはそれ自体で大きな意味があります。アクションを起こすことによって、見えてくる景色が変わってくるということです。

それだけ自分が学べる、得られることが増えてきます。とにかく積極的に、アクション志向でいることが重要です。どんなに頭を使っても、アクションして見えてくることにはゼッタイかなわないません。頭の良さだけでなく、動くことこそが、人生には大事なのです。

 

失敗は諦めない人にのみ、成功の元となります。失敗を繰り返す事は成功へ一歩一歩近づいていることを理解しましょう。

 

失敗は誇るべきものです。心配しないでください。どんなに失敗しても命まで取られたりはしません。失敗から学び計画を練り直してすぐに実行しましょう。

 

運を味方につけること 

波動やオーラ、引き寄せの法則など、不思議な力がこの世には存在します。

そして運にも波があります。こういったたぐいの話は信じがたい人が多々いるかと思います。

ですが奇跡を起こした人や、絶体絶命のピンチから助かった実話など、この世には科学では証明できない信じられないような出来事が日々起こっている事は事実です。

自分の人生の絶好のタイミングを知り、大きな賭けはそこで決断しましょう。

逆に、何をやってもうまくいかない時期は、嵐が過ぎ去るのを待ち、リスクの大きなアクションは起こさずに、ただじっと耐えましょう 。

 

 

不思議な力に頼らないこと

上記の話と逆になりますが生年月日やタロットカード、パワーストーンなどの"根拠のない"不思議な力のみ”に人生の選択を委ねる事はやめましょう。

この世は行動の星です。どんなに強く願い続けても、どんなに開運グッズを買い漁っても、願うだけではあなたの人生は何も変わりません。

合理的な計画を立て、なおかつ善良な心で願い、運気を見計らい、速やかに行動しましょう。両方を行うことが大切です。

 

信念を育てること

信念とは1日や1週間で作られるものではありません。

ふとした思いつきのアイデアも、日々忘れずに過ごしていくことで具体化され、長い月日を得て、やがてどんな困難にも屈しない強い気持ちとなります。

今はただぼんやり描いている願望も、少しずつ育てていけば立派な花が咲くでしょう。また、妬みや僻み、自己中心的な考え方などの間違った方向に行かないよう注意を注ぐことも忘れてはいけません。

 

本質を考えること

なぜ行きたくもない仕事に今日も行くのか?どうしてこんなに仲の悪い人とおつきあいしているのか?それは自分にとって最良の選択といえるのか?忙しい日々はあなたから思考力を奪います。自分が何の為に、誰の為に動いているのか合理的に考える時間を持ちましょう。

 

投資と浪費の違いを知ること

投資と浪費を念頭において物事を判断しましょう。これはお金だけに限らず、労力、時間、人間関係など、あらゆる場面に当てはまります。

 

五感を研ぎ澄ますこと

普段テレビなどの生活音、街の雑音に囲まれているのでどうしても人間本来の五感は鈍ってしまいます。リラックスできる場所で、五感を研ぎ澄ましてみましょう。人間本来の能力はとても素晴らしい力を持っています。心と体、精神をリンクさせてみましょう。

 

潜在意識を活用すること

願望を潜在意識にすり込ませて、生活環境を変えてみましょう。

顕在意識は普段心の中に具体的な言葉や行動として現れます。ですが、その元となっているのが潜在意識です。無意識なので確認することがとても難しいですが、潜在意識に、今後の目標やなりたい自分、ほしいものなどをすり込ませる事で、顕在意識もそれにそった考え方や行動をとるようになります。

 

直感を信じること

生活していくなかでピンとひらめいたりすることはありませんか?

しかし根拠のない確信やアイデアは、なかなか言葉や文章に説明できるものではありません。自分でもなぜそれが正しいのか分かりません。多くの人はせっかく思いついたアイデアも気にも止めないまま、行動を起こさず忘れてしまいます。

直感は人間がもつ最高の能力です。生まれてきてから今まで生きてきた経験や知識、五感で感じている現在の状況、あなたの細胞すべてが最善の選択をしているのです。

あなたの直感はスーパーコンピューターよりも高度な計算をしているのですから、言葉や文章で説明できるわけがありません。

理由や根拠がなくても自信を持って実行に移しましょう。

 

1万時間の法則x3つは100万人に一人の逸材

1万時間そのことについて調べたり練習すればプロレベルになれるという法則があります。これは100人に一人くらいはいるそうです。そこで全く関係のないジャンルをもう2つすることで100x100x100=100万人に一人という逸材になれます。

好きなこと、得意なことを3つ選んで実行していきましょう。

僕の場合は旅行xDIYxアウトドアです。頑張ります。

固定概念、常識を疑う事

固定概念にとらわれていると、本質を見ることができなくなっています。

例えば、義務教育です。学校とはそもそも子供が成人した時に、仕事が有利になるよう、生活のスキルを育む場として生まれました。

ですが、現在の学校教育で生活の役に立つような物があるでしょうか?

日本の教育はペーパーテストで能力を決め、学校のネームブランドで就職先が決まります。そしてそのシステムを誰一人疑問に思いません。

その結果、"本来の目的=生きるためのスキル"は何も身につかず、教科書に乗っている1つの答えしか分からないような成人になってしまいます。

社会にでても自発的な行動はないですし、答えがないものに対処する能力が著しく低下しているように見えます。仕事だから無理してでも行かなければいけない。というような概念も日本独特です。その結果年々精神を病むような人が増加しているのが現状です。

"教育=成人した時に使えるスキル"を今の時代に合わせると、興味のない教科や答えが一つしかないペーパーテストなどは、成人した時にほとんど役に立たないのではないでしょうか?

周りからは白い目で見られるでしょうが、そもそも義務教育は行かなくても逮捕されることはありません。

例えば"中島芭旺(BAO)"君を検索してみてください。

本質を見抜く事を心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする