タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

シェアリングエコノミー使って破産しかけの夫婦がセルフベーシックインカムを目指す

パーソナル農業-エネルギーを作る

最近我が社では村作りが話題です。

オーナーが山を持っているので貸してくれないかななんて考えております。

 

村長は決まっているので後は場所のみです。

福岡市の糸島周辺、北崎地区で畑や草むら持て余している優しい方いましたらよろしくおねがいします。

 

何故村作りなのかといいますと、エネルギーを作りたいと思っています。

具体的には無農薬で育てた新鮮な野菜です。

僕は農業がやりたいわけでもなく、無農薬が好きなわけでも無いのですが、時代を先取りする事は好きです。

 

これから先、健康がキーワードになっていくと思っています。

人口が増えるとその分大量に食料がいるわけですが、効率を考えると農薬まきちらして大量生産します。これはドーピングのようなもので土が死んでしまいます。

そうしていくうちに野菜を育てる土が無くなっていきます。

逆に有機栽培などの野菜はどんどん値上がりしていくと思います。

「貧乏人は肉を食べて、お金持ちは栄養満点な野菜を食べます。」

 

日本でいうと、少子高齢化が無理をたたり社会保障が必ず30年以内には破綻すると思います。

1年後か30年後かは知りませんが必ず来ます。

個人的には出生率よりも高齢化が増える2020年辺りから世の中の雰囲気がガラッと変わると思います。

 

医療保障や年金制度が無くなるとどうなるでしょう?

予防するんです。

医療費が高い国の国民は、病気にかかると家計が破綻するか、もしくは死に直結します。だから予防しているのです。

 

日本でも「意識が高い」とか、「セレブがやっている」などのように趣味やファッション感覚ではなく「生きる為にみんなが予防する世の中」がやってくると思います。

 

余談ですが同時にco2削減も世界的に取り組んでいるので、脱原発や太陽光などの自然を使った循環可能なエネルギー作りにシフトしていきます。

この話はまた今度。

 

ポイント

・毒に侵されていない野菜が高くなる。

・医療費が高くなるので予防医療が必要になる。

 

その為の下ごしらえとして今からできる事は、少しでも自分で健康にいい野菜を作る事です。

目標は1%自給、月に1回は自分の作った野菜で食事をしたいですね。

西松リゾートを場所貸しして、アーユルヴェーダ的なウェルネスツーリズムのワークショップなんてできたらいいなぁなんて妄想もしちゃいます。

世界の観光産業収益の15.6%を生み出す「ウェルネスツーリズム」…日本インバウンド市場では「日本食・温泉」がキーワードか | 訪日ラボ

 

格安で借りれたら無料で開放するので価値観が合う人達が集まってくれたらいいな、明日オーナーに聞いてみよっと。