タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

シェアリングエコノミー使って破産しかけの夫婦がセルフベーシックインカムを目指す

ゲストハウスにこだわる理由

僕はダラダラと生きていくことを小学生の時から夢見て来ました。

当時知識が乏しかった自分が書いた卒文は

「宝くじをあてて、ディズニーランドの近くで居酒屋定員のアルバイトをする」です。

夢も希望もないなぁ笑

 

大人になった今も(今年32歳)あまり芯はブレていなくて、のんびり好きな事をしながら生きてたいと思っています。

 

ここ数年は結構真面目に考えてて、自分なりに勉強もしました。

新しい考え方、生き方を学ぶ中で自分の1番のツボにハマったのがシェアリングエコノミー、そしてゲストハウスです。

 

こらから人類は移動しまくる事は明らかだし

シェアリングエコノミーはコストを抑えてビジネスもできる。

この2つが重なったらやるっきゃないです。

目指すはセルフベーシックインカム

負債でしか無い住居に錬金術をかけてお金を稼ぎます。

大富豪になりたい訳でもないので、家族が生きていける分稼げればいいのです。

 

少し話しを大きくします。

 

これからの時代を生きる人は、ある程度自立しなければ生きづらくなるのではないかと思っています。

世界を見渡しても不安定です。

自立とは経済的な事だけではなく動物的な事も含めてです。

 

人類による資源消費量が1年間で地球のキャパを超える日

「アース・オーヴァーシュート・デー」

というものがありまして、1970年は12月3日でした。

2015年は8月13日です。

このままいけば2030年には6月に資源を使い果たし

地球2個分がいる計算です。

今年は野菜が高いですね。来年は安くなるのかというと僕はそうは思いません。

答えは明確で人類増えてるから。

毎年8000万人くらい増えていってるわけです。

現在76億人の世界人口は、2030年までに86億人、2050年に98億人。

僕は1986生まれで平均寿命は100才くらい。

2086年には100億人超えてるでしょう。

資源を使い続けたら大変な事になっていくと思いませんか?

 

2018年現在はお金と交換すれば食料は簡単に手に入れることができますが

果たして僕のような凡人でもこれから将来ちゃんとまともな食べ物を食べているかというと不安でしかありません。

食べ物どころか世界中でいまは水不足が始まっています。

日本は水に恵まれているので探せばすぐ近くに美味しい湧き水スポットが沢山有りますね。早めに確保しなきゃと思っています。中国人の富豪が山なんかを買いあさってるらしいです。

 

日本で言うと、高齢化、少子化は止まらないでしょう。

政府は高齢者に莫大な税金を投じていますから、産みにくいし育てにくいです。

国家は未来を見ずに今の票集めに必死です。

と、なるとその帳尻を合わすのは僕ら以降の世代です。

健康保険は破綻秒読みです。

2011年の負担は38兆円ですが2015年は47兆円、25年には54兆円になると言われています。

高齢者は増え続けるのにそれを担ぐべき子供は少ないのです。

そうなると、年金のシステムも機能しなくなります。あれはピラミッドじゃないと成り立たないシステムです。

というか日本の健康保険や年金システムが異例すぎるんだと思います。

あんなのは高度経済成長期の人口バブル以外で機能すようなシステムじゃありません。

幸いにも僕らは自分で健康管理できるし、自分で食べ物も自給できるし、電力も自給できる世代です。

 

土地も地方は沢山余ってるし、ググったりアマゾンから最適なエネルギー(家庭菜園や山菜、釣り、狩り)

を効率よく作り出せます。

 

近い将来、このまま紙幣が紙(ハイパーインフレ)になるのか安定した紙幣としてちゃんと機能するのかは分かりませんが

すでにサバイバル時代は始まっていると思います。

 

もうちょっと日本の話しをすると、21世紀の速度についていけてないと思います。

日本式システムが抜けていないので意思決定がおそすぎる。

企業に入社すれば生涯安泰と思っている。

結果、昭和風にゴリゴリ働くしか無いのですが、そんな事をしても24時間しか時間はないので限界を迎えちゃいます。

日本に限らずですが都市部で生活する人々は

何のために生きているのかわからなくなってしまうほど疲弊してます。

 

21世紀のテクノロジーを使いサスティナブル(持続可能)な生活を始めた人も沢山います。

原始的なヒッピーのようなパーマカルチャーに最先端の技術を使う(iPhoneソーラーパネルなど)

 

有名所でいえば元ラルフローレンのフォスターハンティントンはバンライフを終え、ポートランドDIYで作ったツリーハウスやスケボーパークで時給持続の生活を送っています。

生活費はインスタグラムの広告やスポンサーや

クラウドファンディングによる本の出版など。

 

身近でいえば、糸島シェアハウスさんなど。

 

何度でも言うけど今は21世紀です。

最先端のテクノロジーを武器に自分で考えて自分で行動を起こせば、この超高速な社会から抜け出す事は誰でもできると思っています。

 

 

等身大の僕にできることは、シェアリングエコノミーでセルフベーシックインカム、空いた時間でエネルギー消費を減らして少しでも自分で作る事。

あのゲストハウスで言えば野菜だったり釣りだったりです。

そして丁寧にシンプルに日々を過ごして幸せを噛みしめること。

一輪の花を愛でるような家庭でありたいと思っています。

 

・エネルギー不足

・不安定な経済

・速度についていけず病んでいく都会人

 

ベーシックインカムやシェアリングエコノミーDIY家庭菜園などは

そういう20世紀的な大量消費、大量生産、行き過ぎた資本主義から抜け出す21世紀らしい新しい生き方です。

これらはあくまで仮設です。それを検証するためのゲストハウスです。

日本でもオーガニックやミニマリズム、ヨガやマインドフルネスなどがカルチャーとしてちょこちょこ認知されてきてると思います。

同じような価値観の方がゲストに来てくれると嬉しいなと思います。なんせ無知なもので笑

 

あ、最近暖かくなってきましたね。

晴れてたのでほか弁をかって急遽ピクニックしました笑

f:id:shunrina:20180305191519j:image

 

広告を非表示にする