タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

シェアリングエコノミー使って破産しかけの夫婦がセルフベーシックインカムを目指す

市街化調整区域の規制緩和、住民への説明会

今日は説明会でした!

何気に山場。

田舎のイメージってどんなんですか?

僕的にはのほほんとした暖かいイメージでした。

スムーズに終わることを祈りつつ会は始まったのですが、役所の職員さんが説明するときからバチバチ

まずは市街化調整区域っていうもんがなんなのかを説明せんかい!との声があがり険悪ムード。。。

 

僕らもその後説明しましたが、まともな質問はなく、

「どうせこいつら問題起こすよ」

「なんかイライラする」

「問題が起きてからじゃ困る」

「何か問題が起きた時は営業停止するなり福岡市が責任とるよう誓約書を書かなきゃ」

などなど、きびしいご意見が少数の方から飛び交いました。

 

僕らは少しでも地域に寄り添う姿勢を見せたくて、

地域と共に成長したいゲストハウスにしたいと思ってるので民泊新法ではなく、市街化調整区域の規制緩和の制度を使っている部分もあります。

 

地域との向き合い方って大事ですが、無理に好きになってもらおうとも思っていません。

まずはこの地に住むよそ者として、地域に貢献して少しずつ距離を縮めていきたいと思います。

 

理解してくれる人もいて

ひらなさんという若い和尚さんは、ずっと僕らの応援してくださってますし

ひでかつさんは「若いもんが頑張りやっちゃけんなんで応援できんとよ!!」と、カッコよく僕らをフォローしてくれました。

ラブラドールレトリバーの綺麗なお姉さんも「頑張ってください」と応援してくれました。

板谷会長もいつも優しく見守ってくれます。

やっぱりこの街好きやわ笑