タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

シェアリングエコノミー使って破産しかけの夫婦がセルフベーシックインカムを目指す

市役所と打ち合わせ

市街化調整区域の規制緩和についての打ち合わせでした。

観光や建築やら住宅やらの職員さんに色々ヒヤリングされたり話を通さないといけません。

ほんと福岡市のみなさんは協力的で役所好きになりました

 

真顔で聞かれてちょっと吹き出しそうになったのが

「収支計画は立っていますか?客数はどのくらいいますか?」

 

やる前からそれが分かってたらみんな苦労なんてしませんて。

僕らの所は規制緩和第一号になる予定で、その場所でゲストハウスの前例なんてないのでなおさら未知数です。

博多や天神と比べても意味ないです笑

 

真面目な話をすると、売り上げが未知数なら

売り上げ0でも存続可能なシステムを作るまで。

月々の支払いは5万x60回ほどに抑えています。

基本食べ物は出さないし、リネンや光熱費などの雑費はゲストが来ない限りかかることはないので

仕入れもありません。

5万円ならサラリーマンのお小遣いくらいだし

仮にそれも厳しいなら今住んでいる家賃8万の家を引き払ってゲストハウスに住めばいいんです。

つまりゲストが来ても来なくても完成した時点でこのゲームは俺らの勝ち。

 

これは最初に相方と話し合いました。

だからこそ無茶が出来る。

利益も大事だけれど利益だけを目的としていたら

つまらない建物になっちゃいます。

ここまで色んな事を頑張って色んな人を巻き込んだのに、そんなゲストハウスは勘弁です。

 

やっぱりこのゲストハウスを通して21世紀のライフスタイルを構築していきたい。

地球に優しい循環可能なパーマカルチャーやインターネットなどのテクノロジー、シェアリングエコノミーなど、それらが生み出す新しい働き方、生き方。

 

頑張りまっせー!