タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

タビクラ!- 福岡ハチャメチャ30代夫婦のライフクラック

福岡でAIRBNBを運営している夫婦のハチャメチャ生活。ゲストハウスを通して、インターナショナリズム教育やライフワークバランス、貧困層の脱却などを企てています。うまくいかないことばかりで、結構めげたりしますが温かい目で見守ってね。

2016年を振り返る

今日は独り言ブログ。

一年間で何をしたのか?どんなふうに変化したのかを記録していく。

1月から3月までは、AIRBNBと外食に明け暮れる。

自分がやりたいことを見つけて、すぐに行動に移せた。

だけど、管理組合にこれ以上民泊をするなら出ていってくれと言われ

渋々退去。

4月に引っ越しをして、まるまる貸し切りではなく、個室でやり始める。

5月に今後のプランを考えてた。

一軒家でゲストハウスをしようと思いつく。

銀行や起業相談(スタートアップカフェ)に足を運び、どうすれば一軒家が購入できるかを相談。

就職して、住宅ローン組むのが一番てっとり早いという結論が出る。

6~8月は早速運送会社に就職、12時間労働のため、考える暇と行動する体力をかなり奪われた。運転中に色々と考えることができたのはよかった。

早速吉塚にお手頃な物件があったので問い合わせてみるが、土地と建物の所有者が違うとかで、完璧不可能だった。

8月に友人から新しい仕事のお誘い、8時間労働に惹かれた。考える時間と行動する時間が確保できる。新しい職場は体力が結構必要だった。お陰で体力がついていい運動になった。足が心配だったけど、前よりすっかり良くなった。

それと同時に会社を設立。これくらい自分でやってやると思い、自分で手続を済ませた。

9月に会社の登記を済ませて、再びairbnbを開始。

10月にもう一見増やす。

11月に最高の立地の中古戸建て物件に出会う。ローン会社と相談して、審査を受けるが審査中に他の方が一括購入した。

気を取り直して、物件を探したが、なかなか見つからない。

12月になって大濠公園の近くに空き家が出たので、管理会社に相談したが、全く相手にしてもらえず、途方にくれる。

知り合いにコインパーキングの営業マンがいて、土地や建物の持ち主を探す方法を教えてもらった。早速手紙を送った。まだ返事はない。

うまくいかないことが沢山あった。あと2週間しかない。

今思いついているアイディアはとりあえず全部試さなければ。

全部出しきった後じゃないと最善の方法は見つけることができない。

 

1年を振り返るとかなり行動したほうだ。

失敗が目立つけど、失敗してなんぼ。

去年よりもより豊かでいいアイディアも沢山浮かんだ。

あとは出し切るのみ。

広告を非表示にする